御無沙汰している。諸兄方々いかがお過ごしであろうか?
世間では選挙を控え怱々たる様相ではあるが、民主主義を示すのは愛國者としての責務であるからして必ずや投票所に足を運ぶように。

さて、インド思想の時間軸で生きる私にとってはつい先程のことではあるが私の書生が新しく愛國ブログを立ち上げたことは前回記した通りである。
http://anikidesu-post.blog.jp/

あれから二ヶ月近く経つ次第ではあるが、「アクセス数が全く伸びない」と私に泣き言を申し出てきた。
実に情けなきことこれ以上ない。一体私の下で何を学んできたのか!?
真の愛國活動がそのように容易なことなれば誰も苦労せんのだ。誠の愛國は難解の極地だ。時には苦痛を伴う事もあろう。苦しみ、のた打ち回った果てにようやくその輪郭が見えてくる。それでも全体像を掴むことなどできよう筈がない。私ですら自問自答の日々である。

紛い物の愛国はそれに比べ実にイージーだ。分かり易い具体化された事象に飛びつけば良い。多くの愚か者が楽をしたいが為に紛い物の魔の手に導かれていったのは諸兄らもご存じであろう。

私の不出来な書生も今は試練の時である。
愛國は難しい、だからこそ尊い。
いつか理解してくれるはずだと信じている。