アーカイブ

2019年01月

やっほーみんな!元気?
少々砕けた挨拶になってしまったが人間は往々にして心の余裕が必要である
それは余命が三億年しかないような状況でも同様である。諸君らも日々の生活で実践せよ。
さて、本題に入ろう。今回はコメント欄にて頂戴した読者諸兄からの書簡を紹介する。
  • 5. 日本再生
  • 2019年01月28日 18:56
  • ブログの復活おめでとうございます。これからも反日勢力の卑劣な言論弾圧に屈することなく真実を拡散し愚昧の国民を啓蒙してまいりましょう。

    ところで、私事で恐縮ですが、親族全員の名前を使って反日弁護士に懲戒請求を送ったことが娘婿に知られてしまい、それ以降スマホを禁止されて難儀しております。余命様の仰る通り、懲戒請求は国民の権利ですから非難される覚えはないのですが、家族はみな反日勢力に洗脳されており、我々愛国者の声に対して聴く耳を持ちません。現在は中学生の孫のPCを借用して書き込んでおりますが、見つかるのは時間の問題です。お手数ではございますが、どうか彼奴らを更生できるよう御善導していただければと思います。
残念ながら私は余命は否応無く第三者であるからしてどうにもできない。
運命に身を任せ、家庭内の制裁に耐えうる他なかろう。
要するにこの者は愛国心を発揮する場所を間違えたのである。
今、沖縄では我が国の領土が献上され新たな米軍基地が作られようとしている。
このような時に立ち上がらずして何の為の愛国心なのか?
今からでも遅くはない。この者も愛国心を正しい方向に向けよ。
恥ずかしき過去は変えられぬ、然れども未来は変えられるのだ。

賢明なる読者御諸兄方々、日々愛国活動に勤しんでおられようか?
不埒な売国奴共は日本国の破壊を虎視眈々と策しておる故油断してはならない。
中でも特に憎むべきなるは愛国を騙り己の私利私欲を企む不埒ものである。
諸君らの言葉で言い換えれば「ビジウヨ」といったところであろうか。
輩どもは本当の愛国心など微塵も持ち合わせておらぬ。
何ものにも代え難い尊き日本人の誇りを土足で踏み躙り
ただ金儲けのため絵空事の愛国を嘯く最も下劣な売国奴である。
そこには知識も良識も存在しない。日本国にとってこれ以上の冒涜はあろうか?
御一同!このような売国奴が堂々と風を切り踏ん反っているのを許していては
日本は未曽有の危機に陥る。真の愛国を胸に秘め我々は正しき道に進むべし。

似非愛国者に多いのが国の正の部分しか認めることが出来ず
過去の負の歴史を忘却の彼方へ押し出す輩である。
都合の悪きことは全て捏造として己の心の平穏を保つ心底見下げた落伍者である。
確かにその方が楽だ。楽な方に流されるは自然の摂理。
しかしそれでは真の愛国には辿り着けぬ。紛い物を抱いて一生を終えるか?
国を作るのは人間だ。人間とは往々にして過ちを犯す生物である。
国の負の部分を全て受け止めて次の世代に繋がなくてはならない。
それが出来てこそ本当の愛国である。
若者よ、甘えるな。苦行の先にこそ愛国があるのだ。
悩み、苦しみ、己自身がそれぞれの愛国心を見つけて欲しきものである。

余命三億年時事日記がカテゴリ内ランキングで上位に入っていた。
今は14位だが昨日は8位だったと聞く。
私の先が短い人生の中で栄えあることには間違いない。
これも偏に読者諸君の天壌無窮の扶翼によるものと深く御礼申し上げるとしよう
然れども悦んではいられない。このランキングの1位は日本国の品位を貶める売国ブログではないか。
上位に複数の愛国ブログが入っているのが不幸中の幸いであった。
しかし政治カテゴリ以外にも低俗な売国ブログは山のようにある。
これは護国の愛国者と邪智奸佞の売国奴との闘いなのである。
誉れ高い美しき日本国をお守りするため私はこの身を擲つ。
今後とも諸兄らの変わらぬ支援を信ずる。

私は日本を深く愛し日本国の行く常に末を憂いている。
私は自分の愛国心に絶対的な自信がある。
しかし世の中には愛国者を自称しながら己自身がそれを信じられぬ未熟者が幾多と存在している。
彼らは自分の丹田に確固たるフィロソフィーを持ち合わせておらぬ故、常に心が乱れるのだ。
そのため一目でわかりやすい具体的な「モノ」に縋る愚を犯す。
彼らの場合は日の丸と君が代だ。そこに自分の魂を封じ込めてしまっている。
日本国にとって絶対的なモノだと信じ込んだ彼らはそれを事あるごとに他者に強要し
それは結果として国旗国歌を自らの手により汚しているに気がつかないのである。
私の愛国には「形」は必要ない。何事にも揺らがない愛国の熱き火が五臓六腑に燃え盛っているからである。
星を継ぐ者よ、心に芯を持て。フィロソフィーを持て。
本当に必要な愛国心というのは布切れ一枚程度の薄っぺらい物ではないのだ。
心の臓に紅蓮の猛火を焼き付けろ。本当の愛国はそこから始まるのである。



このページのトップヘ

見出し画像
×