余命三億年という表現は一見冗談のように聞こえるが、実は哲学的である。
インド思想の宇宙論では世界の寿命は約40億年と決まっている。
仏教では「劫」という単位で表現される。
ヒンドゥー教では「マハーユガ」と呼んでいる。
余命が3億年しか無いという事は、40億年の9割を使い尽くした最末期という認識になる。
最末期の時代にはあらゆる悪行が蔓延り、理性や知性は軽視される。
憎悪に満ちた最悪の暗黒時代である。
この暗黒時代にこそ我々は正義を追求せねばならない。